ダーツ 上達法

ダーツの投げ方・上達法のDVD教材を比較する!

かっこいいダーツの投げ方

ダーツの投げ方には決まりがないため、基本的なフォームはあっても、人それぞれ自分が投げやすいようにアレンジを加えていることも少なくありません。

ただ、ダーツというのは投げるフォームもかなり重要なポイントとなっているため、誰だってかっこいい投げ方をしたいと思うもの。

実際に自分がどうやって投げているのかを見る機会は少ないはずですから、スマホなどを使って、友人に動画撮影を頼みましょう。

自分のフォームを客観的に見ることでかっこいい投げ方だったのかどうかがわかります。

もしもかっこいい投げ方ではなかったのなら、動画などを利用して、プロの投げ方を参考にしてみましょう。

プロと同じようにダーツを投げることができれば、見た目もかっこよく、バッチリ決まります。


今、一番売れている「小熊式ダーツ上達・練習法マニュアル」

 

タグ :      

ダーツの投げ方

ダーツの投げ方のコツ

ダーツの投げ方にコツがあるかどうか、コツがあれば知っておいて損をすることはないですよね。

ですが、動画などでプロの投げ方を見てもわかるように、こうでなければいけない、このように投げるのがダーツだという決まった形というのがありません。

つまり、100人いれば100通りの投げ方があるのです。

ただ、動画などで練習方法を見てみると、どれにも共通することが1つあります。

それは、「それぞれが思う自然な形でリラックスすること、そして投げる時の構えをしっかり取る」という点です。

どういうことなのかというと、力を込めず、どちらかといえば脱力した状態で投げるというのが、コツなのです。

ただ、右利きの人もいれば、左利きの人もいます。

人それぞれ違う利き手で、どこまで投げ方をイメージすることができるかという点も重要です。


今、一番売れている「小熊式ダーツ上達・練習法マニュアル」

 

タグ :     

ダーツの投げ方

ダーツの投げ方の動画

一見、簡単なようで、やってみると意外に難しいのがダーツです。

近くで見るよりも、実際の位置に立ってみると、的はかなり小さく、狙ったところになかなか投げられない方が多いのが現状です。

ダーツの投げ方は、ダーツが得意な方に教えてもらうに限りますが、動画などを見て勉強するのもとてもいいものです。

なぜかというと、動画なら何度でも繰り返して見ることができますし、中には練習方法などもアドバイスしてくれている動画もあるからです。

これからダーツを始めようという方は、おかしな癖がついてしまう前に、ダーツの投げ方の動画をチェックしながら、基本中の基本となる正しい投げ方を身につけておきましょう。

キレイなフォームで投げられるようになれば、周りの人もあなたに注目すること間違いなしですね。


今、一番売れている「小熊式ダーツ上達・練習法マニュアル」

 

タグ :      

ダーツの投げ方

ダーツの投げ方のタイプ

ダーツの投げ方では、タイプがこれといって決まっているわけではありません。

基本的なタイプはありますが、自分なりに投げやすいように工夫をしているため、人それぞれダーツの投げ方が変わるところも、ダーツの面白いところです。

たくさんの投げ方がある中で、基本となっているのが、手首を伸ばし、肘もまっすぐにダーツを投げるということ。

それに加えて、2本指で持つのか、3本指で持つのか、4本の指を使ってダーツを持つのかによって、投げた感じも変わってきます。

どの指を使ってどうやって投げるのが自分にとって一番安定した投げ方ができるのか、とにかく練習を重ねましょう。

また、プロなどの動画を参考にしながら、投げ方でどのくらい変わるものなのかチェックし、実際に練習をする際に試してみるのもいいですね。


今、一番売れている「小熊式ダーツ上達・練習法マニュアル」

 

タグ :      

ダーツの投げ方

ダーツの投げ方 安定させる方法

ダーツの投げ方はこうだ!と決まっているわけではないですから、人それぞれ自身が投げやすい方法で投げて、的に当てられれば、それで問題はありません。

自分に合った投げ方を見つけるために動画をチェックしたり、練習に練習を重ねることは大切ですが、プロでも毎回投げるダーツが必ずしも安定しているかといえば、そうではないのが現状です。

ダーツを安定させる方法としては、とにもかくにも、リリースをした時に最も安定する投げ方を自身で見つけると言う他にありません。

3本の指を使って持つ人もいれば、4本の指、また手全体を使ってダーツを持つ人もいます。

指の本数が多ければ安定するかといえば必ずしもそうであるとは言い切れないため、動画などを見て練習をして、自身にピッタリの投げ方を見つけることが大切です。


今、一番売れている「小熊式ダーツ上達・練習法マニュアル」

 

タグ :      

ダーツの投げ方

ダーツの投げ方のルール

ルールがないように感じるダーツですが、実はダーツの投げ方にもルールがあります。

基本中の基本でもあるダーツの矢。

これを投げるのは、当然のことながら手でなくてはいけません。

ですので、ルールの一つにダーツは手で投げることという決まりがあります。

そして、3本のダーツを1本ずつ投げます。

これを1投と呼びますが、3本のダーツを投げる前にレッグが終わった時は、3本すべて投げる必要はありません。

また、ボートに刺さらなかったり、跳ね返ってしまった矢は、スタートもしくは勝敗を決定するセンター以外は、再び投げ直すということができません。

また、予め決められているラインから投げる、もしくは仕切り板と呼ばれるものの後ろ端から投げなければいけません。


今、一番売れている「小熊式ダーツ上達・練習法マニュアル」

 

タグ :      

ダーツの投げ方

ダーツの投げ方の基本

ダーツは誰にでもできるスポーツだと思っていませんか?確かに、初めての方でも投げるには投げることができますが、周囲の人をあっと言わせることができるのは、キレイなフォームで投げられているかどうかがポイントとなります。

フォームがキレイだということは、基本がしっかりとできているということでもあるので、その後の上達も左右します。

もちろん、とにもかくにもダーツを楽しむということが大切ですが、ダーツの投げ方の基本でもある握り方、投げ方、プラスα投げ方を安定させることが常にできるようになれば、それはもう素人の域ではなく玄人の域に達していると言えるでしょう。

ただ、ダーツの投げ方を指導してくれる人がいればいいのですが、そうではない人は、動画を見ながら投げ方の基本をしっかりとマスターしましょう。


今、一番売れている「小熊式ダーツ上達・練習法マニュアル」

 

タグ :     

ダーツの投げ方